光脱毛の仕組みと特徴

エステで人気の光脱毛の仕組みについて。

皮膚に張り巡らされている毛細血管から毛根には、髪を作るための栄養分が送られています。そのため、成長過程にある毛根は黒々として太くなっています。毛の周辺には毛の成長の元である毛母細胞と毛乳頭があり、光脱毛ではこの部分に光を照射して脱毛するのです。

目的の箇所を脱毛するには、脱毛作用のある特殊な波長の光を部位にあて、毛包部にあてて毛母細胞や毛乳頭を殺します。事前準備として、皮膚から出ている毛を残らず剃り、消毒をします。

毛包部分は光によってタンパク質を引き起こし、変質してしまうため再生力を失います。
光脱毛を施してから1週間~2週間で、光をあてた毛根部分は体から抜けていきます。細胞が死滅したため、老廃物として扱われているためです。

光脱毛での施術後の皮膚がきれいなのは、自然に毛根が抜けた後、毛穴が縮んで自然と見えない存在になるためです。

ムダ毛を処理したい部分は光を当てる前に十分に消毒し、これから皮膚から出ている毛を剃ります。
自分で剃ってからエステに来てもいいような印象を受けますが、消毒や剃毛も準備に必要なステップなので、家で行ってこないようにしましょう。

消毒と剃毛が無事に済むと、あとはいよいよ狙った細胞に光を当てて殺します。
専用のアプリケーターをジェルを塗った部位につけ、光をしばらく当てます。光による脱毛処理なので照射面積が広いのが特徴で、1回の処理で約80~120本の脱毛が可能です。両脇の下の処置が5分でことたりるのは、広く施術が可能な光脱毛ならではといえるでしょう。エステサロンでの脱毛ケアが終わっても、その後の皮膚の状態についてはきちんとチェックをしてください。

脱毛ランキング|口コミ・満足度の高い脱毛サロンはココだ!

経験豊富なスタッフの技術力、価格と技術の両方にできる光脱毛を受ける人が集うサイト。
http://www.bivra-naturalharmony.com/

Copyright (C) TrasvasesNo メタボリックシンドロームの予防. All Rights Reserved.