知らないでは済まされないイントラレーシックのデメリット

イントラレーシックの手術は、メリットの部分が大きく報じられてきていますが、手術である以上、リスクがまったく無いわけではありません。手術時間はレーシックと比べると少し長くかかるみたいですし、フラップ(ふた)の接着が安定するのに時間がかかるそうです。

コンタクトレンズを使用している人は、角膜の正確なデータが必要となるため、手術を受ける2週間位前から着用できなくなります。これは不便なことになります。

手術を受けることができる年齢は18才から60才位といわれていますが、20代ではまだ近視が進行中の場合もありますので、手術の効果が薄くなる可能性がありますし、老眼が始まっている場合は近視は改善されるものの老眼は強くなります。いままでなんとか見えていたものが、老眼鏡が必要になってしまいます。

イントラレーシックの手術は、認可されてからまだ8年しかたっていない技術ですので、長期間にわたっての臨床データがまだありません。それは一種のデメリットかもしれません。

いまのところ大きな被害などが出ていないだけかもしれませんが、将来的にはまだ改善しなければならない部分はあるでしょう。技術が進歩して、もっと安全にデメリットのない方法がでてくれば良いですね。

レーシックを名古屋で受ける場合の選び方

レーシックはどこで受けても同じだと思っていませんか?
レーシックは医師の腕はもちろんですが、使用している機器によって大きく差が出てきます。

レーシックを受ける場合、確かな技術、豊富な実績のある眼科でなければ安心して受けることはできません。安心してレーシックを名古屋で受けることができる眼科をを紹介しています。後悔しないために本当に信頼できる病院を選びましょう。

レーシックを福岡で受ける場合の選び方

レーシックはどこで受けても同じだと思っていませんか?
レーシックは医師の腕はもちろんですが、使用している機器によって大きく差が出てきます。

レーシックを受ける場合、確かな技術、豊富な実績のある眼科でなければ安心して受けることはできません。安心してレーシックを福岡で受けることができる眼科をを紹介しています。後悔しないために本当に信頼できる病院を選びましょう。

Copyright (C) TrasvasesNo メタボリックシンドロームの予防. All Rights Reserved.